So-net無料ブログ作成
検索選択

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」最終回を見る会(大阪) [出来事]

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」最終回を見る会に行ってきました。(20170401)

00.P1390592 (2).jpg


当日はワクワクしながら少し早い目に出発したのですが、想像していた以上に早く入場券交換開始の1時間20分前に着きました。

11.P1390548 (1).jpg


しかし、NHK大阪ホールの建物の中に入ると、既に約150名の行列ができていました。
11.P1390555.jpg



ようやく、チケット交換できました。1階の後方の席でした。仕方ないですね。
a12.P1390546 (2).jpg



当日は高校野球決勝戦順延のために最終回の放送が早くなるので開演も12時10分になるそうです。
13.P1390543.jpg



いよいよ、開場になりました。エスカレータで会場に入ります。
14.P1390558 (1).jpg



開場のロビーではグッズ販売などがありました。
16.P1390587.jpg



最終回の放映

12時10分。開演です。

北は秋田県、南は鹿児島県から約1100人のファンが集まったそうです。


5分後には最終回の放映が始まりました。

大きなスクリーンに映し出される放送を見上げながら最終回を楽しみました。


12時30分。放送終了


ミニトークショー
いよいよお待ちかねのミニトークショーです。



坂東すみれ役・芳根京子さん、紀夫役・永山絢斗さん、娘さくら役・井頭愛海さんによるトークショーが行われました。

当日はエイプリルフールとあって、「約1か月間3人親子で暮らしていました」などジョークを連発し、笑顔で会場を
沸かせてくれました。

(以下から6枚の写真はネットから引用させていただきました)

17.べっぴんさん (2).JPG



それぞれに一番印象に残るシーンの紹介がありました。

(左)娘さくら役・井頭愛海さんは『お母さんとのナイトクラブでの対峙シーン』 
(右)紀夫役・永山絢斗さんは『近江のお正月 りんごの唄のシーン』
  20.べっぴんさん (1).JPG 21.べっぴんさん (1).JPG

(左)坂東すみれ役・芳根京子さんは『神戸の高台のシーン すみれと紀夫が語らうシーン』
(右)ヒロインの娘の「さくら」を世代ごとに演じた4人がサプライズで登場し、芳根さんに花束を渡しました。
  22.べっぴんさん (1).JPG 24.べっぴんさん.JPG


芳根京子さんは、「10代最後の1年をべっぴんさんにささげることができて、感謝の気持ちでいっぱいです。すべてを見届けて下さってありがとうございました」と涙ぐみながら感謝の気持ちを伝えられていました。


そして、最後に記念のタオルを持って記念撮影がありました。
19.べっぴんさん (1).JPG


もう少し聞いていたいなぁと思うほど早く終わった感じでした。


記念に頂いたタオルとホルダーです。
25.P1390883 (1)[1].jpg



追記)
3月にウォーキングの途中で買ってきた大好きな和菓子です。

走井餅(はしりいもち)
石清水八幡宮の門前にある走井(はしりい)餅屋さん。江戸時代中期の明和元年(1764年)大津走井の名水で餡餅をつくり、八幡で引き継がれているそうです。昭和天皇へ献上された由緒深いお餅屋さんだそうです。

走井餅はなめらかなのどごしと、あっさりとした甘さに伝統と歴史の深さを感じました。

31.P1390504 (1).jpg


32.DSC07864.jpg


33.P1390536 (1).jpg


ウォーキングの記事は後日、サブブログで掲載いたします。



ご訪問していただきありがとうございました。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。