So-net無料ブログ作成
検索選択

造幣局 桜の通り抜け(大阪) [花]

大阪「造幣局 桜の通り抜け」に行ってきました。(20170414)

今年の花「鬱金(うこん)」
a00.DSC08510.jpg


造幣局 桜の通り抜け
造幣局 桜の通り抜けは明治16年(1883年)、当時の局長提案による構内の桜並木の一般開放が始まり。桜花縦覧のため表門(現在は南門)から入り、造幣局構内を通って裏門(現在は北門)へ抜ける。文字どおり構内を通り抜けることが、その名の由来になっていて「あともどりできない通り抜け」が「通り抜け」という固有名詞となったそうです。造幣局内川岸の約560mには約130品種の桜が咲いているそうです。
今年の桜の通り抜けは4/11~4/17迄の開催。毎年約50万人~115万人の人が訪れるそうです。
a11.DSC08227.jpg


色々な桜
a12.DSC08517.jpg

a13.DSC08350.jpg

a14.DSC08524.jpg


今年も大勢の人達が花見に来ていました。
a21.DSC08471.jpg


再び、桜の花を
a31.DSC08464.jpg


a32.DSC08306.jpg


a33.DSC08489.jpg


a34.DSC08408.jpg


天満橋付近の大川
手前の橋が天満橋です。橋の上の歩道は一方通行になっていました。
向こうに見える橋の左側が造幣局の通り抜けの入り口です
a41.DSC08217 (1).jpg



ご訪問していただきありがとうございました。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。